着物買取をしてもらうなら少しでもお得なところで
着物シンドローム

女物よりも簡単な男物の着物の着付け

着物の着付けは難しいというイメージが世間一般的にあるのですが、それは確かであるとはいえるのですが、男物の着物の着付けに限っていえば、間違いであるともいえます。
そもそも着物は一枚の大きな布を身体に巻き付け、腰の部分を帯で巻きつけることによって固定する形状となっています。男物の着物の場合は、この一連の動作がいたってシンプルであり、簡単に着ることができるのです。
その着付けの方法ですが、まず最初に袖を通して全体的なバランスを考えつつ位置を決めます。その後に背中の中心に走っている縫い目を、体の中央に合わせるために襟先を持って整え、右前になるように襟を身体に巻き付けます。右前とは着物の右側の襟が身体に密着している状態のことをさすので、最初に右手で襟先を掴み、左の腰骨の位置まで巻き付け、その次に左手で襟先を同じように腰骨まで巻き付けることになります。
最後に帯を締めることによって、着付けは完了するのですが、男物だからといって特別な手順はありません。